第4回全国おやじサミットinとっとり・報告書

全国おやじサミットinとっとり実行委員会
実行委員長 藤 田   充
(特定非営利活動法人賀露おやじの会理事長)

「第4回全国おやじサミットinとっとり」開催のお礼

 去る9月2日と3日、鳥取市で開催しました「第4回全国おやじサミットinとっとり」には、全国各地より約300人のご参集をいただき、大盛況のうちに終わることができました。これも皆さまよりいただきました「全国おやじサミット」開催へのご理解と、多くのご支援、ご協力の賜物と深く感謝しております。
 大会では、全国の多くのおやじさんやおかみさんとお会いすることができました。「特設とっとりおやじ連合唱団」のオープニングセレモニーで開幕し、「出席をとります」では小学生の出欠確認を真似て皆さんの顔を確認させていただきました。大討論会では皆さまの日ごろの熱い想いを聞かせていただき、それぞれの団体の活動に感動と共感を覚え、今後の活動の輪を更に広げる力となりました。
 全体討論の中では、全国おやじサミット運営について、一つの合意を得ることができました。それは、「サミット開催地は手挙げ方式とし、次の開催地の団体が大会終了まで全国おやじサミットの世話役となり、次の開催地に引き継ぐ」というものです。全国おやじサミットは、おやじたちの胸に湧き上がる地域や子どもたちへの深い愛により、自ら手を挙げて運営されるものであることが確認されました。
 大会後の交流会では、澄み切った子どもたちの歌声とオペラ、楽しいおやじたちの唄など芸術と笑いの中での交流の場とすることができました。ここで出会った多くのおやじさんやおかみさんとは古くからの友人のように親しくなり、これからも親友として末永くおつきあいさせていただけるものと確信いたしました。
 続く二次会懇親会では、賀露の海産物や全国から送られてきた酒と肴を囲み、膝をつめてとことん飲み、語り、歌い、楽しく親交を深めることができました。
 また、翌日の「鳥取砂丘親子模型飛行機教室」は総勢80人の参加をいただき、子どもたちの飛行機や科学に対する興味を引き立てるイベントとすることができました。
 ここに本大会を無事終了しましたことをご報告いたします。
 この大会に参加、応援をいただきました皆さま、そしてスタッフ、実行委員の皆さまに改めまして感謝を申し上げます。ほんとうにありがとうございました。

平成18年10月30日



全国おやじサミットinとっとり・報告書
(DVD3枚・CD1枚)

   

大会参加団体にはお配りしております。まだの団体はご連絡ください。
著作権が設定されている資料がありますので、ご注意ください。
個人で必要な方は、実費にてご提供いたします。

tottori_karooyaji@yahoo.co.jp


大会資料配布資料です


支障等がありましたらご連絡ください
tottori_karooyaji@yahoo.co.jp



出席をとります!」に使用した資料です



サミットリンク
(サミットで築いたネットワークのリンク集です)




全国おやじサミットinとっとり実行委員会です


「第4回全国おやじサミットinとっとり」概要

◇ 主 催 全国おやじサミットinとっとり実行委員会 とっとりおやじ連
◇ 共 催 鳥取県家庭・地域教育推進協議会
◇ 後 援 鳥取県教育委員会 鳥取市教育委員会 鳥取県 鳥取市

1 日 程

  ○1日目:平成18年9月2日

   ◇ 本大会
      【会場】 県民ふれあい会館(鳥取県立生涯学習センター・鳥取市扇町21)
             http://fureaikaikan.jp/

   ◇ 交流会
      【会場】 ホテルニューオータニ鳥取 (二次会:賀露公民館)
             http://www.newotani.co.jp/tottori/

  ○2日目:平成18年9月3日

   ◇ 連携事業 鳥取砂丘こども模型親子の模型飛行機教室
     <若葉台おやじの会さんのホームページです>
      http://www.ncn-t.net/watch-dog/newpage96.htm

2 テーマ 〜語れ! おやじの熱い想いを〜
  香川大会、三重大会、京都大会で結実した「出会い」と「感動」を鳥取大会で更に広げていきます。

 ・過去3大会で構築された「ネットワーク=出会い」を更に拡大します。
    ※ ネットワークは、「日本「おやじの会」連絡会」として産声を上げております。
      http://www17.plala.or.jp/nippon-oyaji/index.html

 ・また、京都大会で採択された「宣言=感動」を更に全国へアピールします。

<おやじ宣言(京都大会宣言)>
1 我々おやじたちは、子どもに生きる力を与え、生命の大切さを教え、心豊かなやさしい子どもに育てる。
2 我々おやじたちは、地域の活動に率先して参加し、地域のおやじであることをしっかりと子供たちにアピールする。
3 我々おやじたちは、地域で、昔ながらの「こわいおっちゃん」「優しいおっちゃん」になる。
4 我々おやじたちは、地域の子どもたちを、あらゆる危険から守り育んでいく。
5 我々おやじたちは、家庭が担うべき役割と責務を自覚し、それを地域の中で熱く訴えていく。